選択した言語が見つかりません。

このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

ファーウェイラックサーバー iBMC(V250からV259まで)ユーザーガイド 08

Rate and give feedback :
この文書の日本語を含む他言語への翻訳は、元の文書の内容の理解を支援する目的で提供されています。翻訳には機械翻訳が利用され、人間による簡単な校正のみが行われています。 注: 最先端の機械翻訳を利用した場合でも、翻訳の品質はプロの翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。ファーウェイは、翻訳の正確性についていかなる責任も負わないものとします。リンクを使用して、英語版の元の文書も同時に参照することを推奨します。
本章について

本章について

概要

本書ではサーバーのベースボードマネジメントソフトウェアiBMC(Intelligence Baseboard Management Controller)について包括的に説明しており、下記の内容を含みます。

  • 各モジュールがサポートしている詳細機能。
  • モジュール間の関係。
  • Web画面の詳細説明。
  • 実行可能なコマンドの詳細説明。
注記:

本書ではファーウェイ製デバイスを使用してネットワークの構築およびメンテナンスを行う際に使用するコマンドについて主に説明します。

本書には生産、取付、工場返品後の検査・修理で使用するコマンドが含まれていません。

一部のアドバンスコマンドは工事の実施または故障原因の特定のみに用いられます。誤って取扱うと、設備の異常または業務の中止につながるおそれがあります。本書にはこのようなコマンドに関する内容が含まれていません。必要なときには、ファーウェイにお問い合わせください。

本書が適用するラックサーバー:
  • RH1288A V2、RH2288A V2
  • 5288 V3、RH1288 V3、RH2288 V3、RH2288H V3、RH5885 V3、RH5885H V3、RH8100 V3
  • 1288H V5、2288H V5、2488 V5、2488H V5、5885H V5、8100 V5

対象読者

本書では次のエンジニアを対象としています。

  • サーバー製品構築エンジニア
  • サーバー製品保守エンジニア

サーバーデバイスに関して、設備危険性の見極めの教育訓練を修了し、危険のレベルを見極められる能力を持つ、ファーウェイが認められる、専門知識を備えた方を対象としています。

改訂履歴

改訂履歴は、初版の発行以降にどのような改訂をして現在にいたったかを示す一覧表です。最新バージョンには今までの改訂が全て含まれています。

版数 08 (2018/08/08)

第八版リリース

版数 07 (2018/07/05)

第七版リリース

タイプ

変更の説明

修正

アラーム設定リモートコンソールを変更します。

版数 06 (2018/06/07)

第六版リリース

版数 05 (2018/05/30)

第五版リリース

版数 04 (2018/05/03)

第四版リリース

タイプ

変更の説明

修正

リモートコンソールを変更します。

版数 03 (2018/03/29)

第三版リリース

タイプ

変更の説明

修正

電源管理省エネ設定ハードディスクのlocateランプ状態の設定(locate)を変更します。

版数 02 (2018/02/03)

第二版リリース

タイプ

変更の説明

修正

表現の最適化

版数 01 (2018/01/24)

初版リリース

ダウンロード
Updated: 2018-08-16

ドキュメント番号: EDOC1100001504

閲覧数:6051

ダウンロード: 56

Average rating:
This Document Applies to these Products
関連ドキュメント
Share
戻る 次へ