選択した言語が見つかりません。

このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

OceanStor V3 シリーズ V300R006 セキュリティ構成ガイド

Rate and give feedback :
この文書の日本語を含む他言語への翻訳は、元の文書の内容の理解を支援する目的で提供されています。翻訳には機械翻訳が利用され、人間による簡単な校正のみが行われています。 注: 最先端の機械翻訳を利用した場合でも、翻訳の品質はプロの翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。ファーウェイは、翻訳の正確性についていかなる責任も負わないものとします。リンクを使用して、英語版の元の文書も同時に参照することを推奨します。
はじめに

はじめに

目的

このドキュメントでは、セキュリティ展開、セキュリティ構成、セキュリティメンテナンスとデータのセキュリティ機能などの視点から、ストレージシステムにサポートされるセキュリティ機能について説明します。

次の表に、このドキュメントに適用する製品モデルを示します。

製品シリーズ

製品モデル

OceanStor 2000 V3シリーズ

OceanStor 2200 V3、2600 V3と2600 V3ビデオ監視型

OceanStor 5000 V3シリーズ

OceanStor 5300 V3、5500 V3、5600 V3と5800 V3

OceanStor 6000 V3シリーズ

OceanStor 6800 V3

OceanStor 18000 V3シリーズ

OceanStor 18500 V3と18800 V3

対象読者

このドキュメントは次の者を対象としています。

  • テクニカルサポートエンジニア
  • メンテナンスエンジニア

マークの表記規則

このドキュメントに使用されているマークは、次のように定義されています。

マーク

説明

この表示を無視して誤った取り扱いをすると、人が死亡または重傷を負う危険の可能性が想定される内容を示しています。

この表示を無視して誤った取り扱いをすると、人が死亡または重傷を負う潜在的な危険の可能性が想定される内容を示しています。

この表示を無視して誤った取り扱いをすると、人が軽度または中度の傷害を負う危険の可能性が想定される内容を示しています。

この表示を無視して誤った取り扱いをすると、機器の損傷、データの損失、デバイスパフォーマンスの低下、またはその他の予期できない結果が生じる危険の可能性が想定される内容を示しています。

「注意事項」は、人身傷害に関連していない慣行に対処するために使用されます。

重要な情報、ベストプラクティスとヒントに注意を呼びかけるために使用されます。

「注記」は、人身傷害、機器の損傷、環境の悪化に関連していない情報に対処するために使用されます。

改訂履歴

ドキュメントの改訂履歴は累積的に記録されます。最新版のドキュメントには、それまでのすべてのバージョンの改訂内容が含まれます。

第05版(2018-01-30)

この版は、5回目の公式リリースです。次の内容を変更しました:

ウイルス対策サーバーの設定に関する説明の最適化。

ウイルス対策サーバーのインストールと設定に関する注意事項の追加。

パッチセキュリティ管理に関する説明の最適化。

第04版(2017-11-30)

この版は、4回目の公式リリースです。次の内容を変更しました:

ウイルス対策サービスの設定方法について説明するセクション「ファイルのウイルス対策」に関する説明の最適化。

「Splunkサーバーで監査ログの表示」の追加。

第03版(2017-08-30)

この版は、3回目の公式リリースです。次の内容を変更しました:

DeviceManagerライセンスの交換に関する説明の最適化。

証明書管理シナリオでの証明書とCA証明書についての説明の最適化。

第02版(2017-06-01)

この版は、2回目の公式リリースです。次の内容を変更しました:

ユーザー定義ロールの権限マトリックスの追加。

関連説明の変更と、適用していない内容の削除。

第01版(2017-02-28)

この版は、最初の公式リリースです。

ダウンロード
Updated: 2018-08-31

ドキュメント番号: EDOC1100030259

閲覧数:612

ダウンロード: 10

Average rating:
This Document Applies to these Products
関連ドキュメント
Share
戻る 次へ