選択した言語が見つかりません。

このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

OceanStor V3 シリーズ V300R006 用語

Rate and give feedback :
この文書の日本語を含む他言語への翻訳は、元の文書の内容の理解を支援する目的で提供されています。翻訳には機械翻訳が利用され、人間による簡単な校正のみが行われています。 注: 最先端の機械翻訳を利用した場合でも、翻訳の品質はプロの翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。ファーウェイは、翻訳の正確性についていかなる責任も負わないものとします。リンクを使用して、英語版の元の文書も同時に参照することを推奨します。
用語

用語

A

 

AC電源モジュール

外部AC電力をシステム内部使用の電力に変換するモジュールです。

   

C

 

CHUNK

ディスク上の固定サイズの連続した物理スペースです。

CHUNKグループ

複数のCKから構成された論理グループです。

Coffer

ストレージシステムにおけるデータセキュリティと完全性を保証する技術です。ミッションクリティカルなシステムデータを格納するために使用されます。

Cofferディスク

Cofferを構成するディスクです。

   

E

 

eDevLUN

サードパーティ製ストレージシステムによって作成された論理スペースです。

   

H

 

HyperMetro

ストレージシステムの付加価値機能です。HyperMetroでは、2つのデータセット(2つのストレージシステム上)がともにストレージサービスを提供し、フェイルオーバー機能を通してサービスの無停止化と負荷分散を達成します。

HyperMetrovStoreペア

HyperMetrovStoreペアは2つのvStore、すなわち2つのテナントから構成されています。vStoreペアにHyperMetro関係が構成されると、2つのvStoreのデータセットは互いに冗長になって1つのデータセットとしてストレージサービスを提供し、サービスの無停止化を実現します。

HyperMetroドメイン

HyperMetroの構成オブジェクトであり、通常は2つのストレージアレイと1つのクォーラムサーバーから構成されています。HyperMetroサービスはHyperMetroドメインで作成できます。

HyperVault

ストレージデバイスに組み込まれたデータの自己保護特性です。

   

I

 

IDマッピング

NFSとCIFSプロトコルのアクセス権限の情報交換を実装するWindowsとUNIXのユーザー間のマッピングです。

   

L

  

LUNコピー

元のLUNデータを1つまたは複数のターゲットLUNにコピーする機能です。

LUNスナップショット

LUNのために作成されたスナップショットの一種です。このスナップショットは読み込み/書き込み可能であり、主に特定時点のLUNデータからスナップショットLUNを生成するために使用されます。

LUNフォーマット

論理ドライブのデータ領域に0ビットを書き込み、関連するパリティビットを生成することにより、論理ドライブを使用するために準備するプロセスです。

LUNマッピング

ストレージシステムは、アプリケーションサーバーがストレージリソースにアクセスできるようにLUNをアプリケーションサーバーにマッピングします。

LUN移行

異なる物理ストレージスペース間でLUNデータを移行させ、データの整合性とホストサービスの無停止化を保証する方法です。

   

R

 

RAIDレベル

異なる冗長性タイプが論理ドライブにおける運用です。RAIDレベルは、論理ドライブのフォールトトレランスまたはパフォーマンスを改善するとともに、論理ドライブの使用可能容量を削減することもあります。各論理ドライブにそれぞれのRAIDレベルを指定する必要があります。

   

S

 

SFP光トランシーバ

光信号と電気信号との間でデータ変換を行うことができ、データの送受信が可能なコンポーネントです。

SmartMulti-Tenant

ファーウェイストレージシステムの特性の1つです。SmartTenancyを使用すると、1つの物理ストレージシステムに複数の仮想ストレージシステムが作成されます。テナントは、互いのデータセキュリティとプライバシーに影響を与えずに同じストレージシステムのハードウェアリソースを共有できます。この機能により、マルチプロトコルに基づいた統合ストレージアーキテクチャで、柔軟かつ容易に管理できる低コストの共有ストレージが実現できます。

   

T

 

ThinLUN

ホストからアクセス可能な論理ディスクです。ユーザーの実際の容量要件に従って、thinプールからストレージリソースを動的に割り当てられます。

   

V

  

vStore

SmartTenancyのプロパティです。ファーウェイのSmartTenancyでは、テナントはvStoreと呼ばれ、1つの仮想ストレージシステムを表します。

   

W

  

WORM

固定コンテンツ向けに設計され、書き込まれた内容を変更不可の形で保持するストレージの一種です。光ディスクはWORMストレージの一例です。

   

あ行

  

アウトオブバンド管理

帯域外ネットワーキング中に使用される管理モードです。ネットワークの管理と制御情報、およびユーザーネットワークのベアラサービス情報は、異なる論理チャネルを介して転送されます。

アクセス制御方式

ファイルオブジェクトへのアクセスを制御する主な方法です。

アプリケーションサーバー

ネットワーク上のサービス処理ノード(コンピュータデバイス)です。アプリケーションサーバーに、データサービスのアプリケーションプログラムが実装されています。

イニシエータ

I/Oバスまたはネットワーク上でI/O操作を発するシステムコンポーネントです。

インターフェースモジュール

サービスポートまたは管理ポートを収容するフィールド交換可能なモジュールです。

インテリジェントプリフェッチ

キャッシュのプリフェッチポリシーです。システムソフトウェアはプリフェッチされるデータの適切なサイズを計算します。この戦略は、単一のビットストリームを含む読み込みサービス、または読み込みの順序性が判断できないシナリオに適用されます。例えば、ファイルの読み込み/書き込みなど。

インバンド管理

ネットワークの管理制御情報とユーザーネットワークのキャリアサービス情報は、同じ論理チャネルを介して転送されることです。インバンド管理により、ユーザーはコマンドを使用してストレージアレイを管理できます。管理コマンドは、I/O書き込み/読み込みチャネルなどのサービスチャネルを介して送信されます。インバンド管理は、高速かつ安定的な転送を実現し、管理ネットワークポートの追加は必要ありません。

エンジン

ストレージサービスを提供するコアコンポーネントです。同じエンクロージャにある2個のコントローラから構成されています。

   

か行

  

拡張

ケーブルを介してストレージシステムをより多くのディスクエンクロージャに接続することで、ストレージシステムの容量を拡大させる仕組みです。

拡張モジュール

拡張用のコンポーネントです。

仮想ボリューム

VMwareの仮想ボリュームです。VMは仮想ボリュームのグループから構成されます。

可変プリフェッチ

キャッシュのプリフェッチポリシーです。プリフェッチされるデータのサイズは、読み込みコマンドの倍数です。このポリシーは、未固定サイズのシーケンシャル読み込みや、複数のユーザーによるデータの同時読み込みに適します。事前に読み込まれるデータの量を判断できないため、定数プリフェッチに設定できません。

簡易ネットワーク管理プロトコル(SMTP)

ネットワーク内のシステムおよびデバイスを監視・管理するためのIETFプロトコルです。監視・管理されるデータはMIBによって定義されます。このプロトコルによってサポートされる機能は、データの要求と取得、データの設定と書き込み、およびイベントの発生を伝えるトラップです。

管理インターフェースモジュール

1つまたは複数の管理ネットワークポートを統合するモジュールです。

管理ネットワーク

ネットワーク管理情報を送信および処理する手段を提供するエンティティです。

管理ネットワークポート

保守端末に接続されているコントローラエンクロージャのネットワークポートです。主にリモート保守端末に使用されます。そのIPアドレスは、お客様の環境変化によって変更することができます。

キャッシュ・プリフェッチ・ポリシー

データの読み込み操作に基づいて、必要なデータはディスクからキャッシュに事前に読み込まれます。

キャッシュヒット率

読み込み操作中のキャッシュヒット数とミス数の比率です。通常はパーセンテージで表示されます。

クォータツリー

クォータで管理できる第1レベルのファイルシステムディレクトリです。

クォーラムサーバー

複数のアプリケーションサーバーにおけるリソースアクセスの競合を防止するために、クラスターまたはHyperMetroにアービトレーションサービスを提供できるサーバーです。

クォーラムサーバーモード

HyperMetroのアービトレーションモードです。HyperMetroアービトレーションが発生すると、クォーラムサーバーは、どのサイトが勝つかを決定します。

グローバル名前空間

グローバル名前空間は異なるファイルシステムを集約し、統一された名前空間を提供することにより、アクセスと管理の複雑さを大幅に簡素化します。

クローン

スナップショットの同義語です。ソースデータを完全にコピーしてデータ複製を生成します。複製にはソースデータと同じサイズのストレージスペースが必要です。複製はクローンとも呼ばれます。

ゲートウェイ

データを受信したプロトコルとは別のプロトコルでデータを送信するデバイスです。

小型計算機システムインターフェース

主にストレージサブシステムやデバイスをホストバスアダプタ経由でホストに接続するための、I/Oインターコネクトを定義したANSI標準規格と提案された標準規格の集合です。当初は小規模コンピュータ(デスクトップやタワー型のワークステーション)を主な対象にしていましたが、SCSIはほとんどのコンピュータ環境のニーズを満たすように拡張され、今日では非常に広く実装されたI/Oインターコネクトとして用いられています。

コピー

ソースLUNのデータがターゲットLUNに同期されていることを示します。

コピーバック

メンバーディスクの中身を交換ディスクにコピーするなど、適切に機能しているアレイのメンバーを他のディスクに置き換えます。コピーバックは、アレイを縮小することなく、特定の物理構成(例:デバイスI/O相互接続上のアレイメンバーの特定配置)を作成または復旧するのによく使用されています。

コマンドデバイス

ホストがストレージデバイスにインバウンドコマンドを送信するための特別なLUNです。

コントローラ

コマンドの復号と実行、ホストデータ転送、データの直列化・非直列化、誤り検出と訂正、およびあらゆるデバイスオペレーションの管理を行うディスクやテープの制御ロジックです。コマンド変換、ルーティング、アグリゲーション(RAID、ミラーリング、ストライピングやその他)、高レベルエラー復旧、複数のストレージデバイス間の性能最適化を行うストレージサブシステム内の制御ロジックです。

コントローラエンクロージャ

コントローラを格納し、ストレージサービスを提供するエンクロージャです。ストレージシステムのコアコンポーネントであり、通常はコントローラ、電源、ファンなどのコンポーネントで構成されています。

コンプライアンスモード

WORMの保護モードです。コンプライアンスモードでは、保護期間内のファイルは、ファイルユーザーまたはシステム管理者のいずれかによって変更または削除できません。保護期間が切れた後、ファイルユーザーまたはシステム管理者はファイルを削除できますが、変更することはできせん。

   

さ行

  

サービスデータ

サービスの実行に必要なユーザー情報とネットワーク情報です。

サービスネットワークポート

サービスを保存するために使用されるネットワークポートです。

災害復旧

災害時の被害軽減を目的としたシステム展開ソリューションです。ローカルシステムに障害が発生したときにサービスを引き継ぐために、ローカルサイトのデータは冗長サイトにバックアップされて災害復旧システムとして展開します。運用システムが復旧するまで、サービスは災害復旧システムに切り替えられます。

サブネット

異なる地域に応じてネットワークを形成するなど、規則に従って大規模なネットワークを形成する小規模ネットワークの一種です。これにより、大規模なネットワークの管理が容易になります。

冗長性

構成部品の障害発生時にも運用の継続を可能にする目的で、システムが(その機能を実行するのに必要以上の)特定の構成部品を余分に持つことです。

所有コントローラ

特定のLUNに優先的にアクセスできるコントローラです。

シリアルポート

コンピュータのCPUまたは通信装置との間に、データを1ビットずつに送受信するI/Oチャネルです。シリアルポートは、シリアルデータの通信、およびマウスやプリンターなど一部の周辺機器のインターフェースとして使用されます。

スクリプト

操作を実行するために使用されるデータ文の集合です。

ストライプ

ストライプ化データマッピングを用いるディスクアレイの各メンバエクステントの該当位置にあるストリップ群です。ストライプ内のストリップは、特定の方法で互いに関連しており(相対エクステントのブロックアドレスなど)、そのストライプのメンバーであるかどうかを計算アルゴリズムによって迅速かつユニークに決定できます。パリティRAIDはストライプを使用し、仮想ディスクのブロックアドレスをメンバエクステントのブロックアドレスにマッピングします。

ストリーミングメディア

ストリーミングメディアは、ネットワークを介して連続的にストリーミングされるメディアです。ストリーミングデータの収集、圧縮、エンコード、ストレージ、伝送、再生、およびネットワーク通信などの技術を組み合わせることで、低帯域でリアルタイムに高品質の再生効果を提供します。

ストレージシステム

コントローラ、ストレージアレイ、ホストバスアダプタ、ストレージユニット間の物理接続、およびすべての制御ソフトウェアから構成される統合システムです。

ストレージプールの縮小

ストレージプールの総容量を縮小する方法です。

ストレージユニット

バックアップデータを格納するバックアップストレージメディアの抽象定義です。ストレージユニットは、データのバックアップに使用される実際の記憶媒体に接続されています。

スナップショット

定義されたデータ集合のポイントインタイムコピーです。

スナップショットクォータ

ファイルシステムのスナップショットに使用される最大ストレージスペースであり、必要に応じて調整可能です。

スナップショットコピー

スナップショットLUNのコピーです。

スナップショットファイルシステム

ファイルシステムスナップショットの一種です。

スロット

フレーム内の上部ガイドレールと対応する下部ガイドレールによって定義される位置です。ボードの収容に使用されます。

静的優先モード

HyperMetroのアービトレーションモードです。HyperMetroアービトレーションが発生すると、優先サイトは常にアービトレーションに勝ちます。

セカンダリコントローラ

(1)クラスターシステムにおいて、プライマリコントローラのサービスおよび管理データをバックアップするコントローラです。プライマリコントローラに障害が発生した場合、セカンダリコントローラはプライマリコントローラにアップグレードされ、コントローラエンクロージャの管理とサービスを引き継ぎます。(2)ブロックレベルのアレイにおいて、プライマリコントローラの管理データをバックアップするコントローラです。プライマリコントローラに障害が発生すると、セカンダリコントローラがプライマリコントローラにアップグレードされ、システムの管理を引き継ぎます。

セキュリティスタイル

ファイルシステムまたはクォータツリーで使用されるACL認証モードです。セキュリティスタイルは、ユーザークォータの計算に影響します。

ソースLUN

元データが存在するLUNです。

ゾーン

イーサネットスイッチのVLAN機能に似たFCスイッチ機能です。SAN上のホストおよびストレージシステムを含むデバイスを異なるゾーンに論理的に割り当てます。このように、異なるゾーン内のデバイスは、FCネットワーク上で互いに直接アクセスできず、SAN上のデバイス間の隔離を実現できます。

ソフトクォータ

クォータ設定でスペース使用率を通知するアラームです。使用スペースがソフトクォータを超えるとアラームが発生し、使用スペースがソフトクォータを下回るとアラームが終了します。

   

た行

  

ターゲット

SCSI I/Oコマンドシーケンスを受信するエンドポイントです。

ターゲットLUN

ターゲットデータを格納するLUNです。

ダーティデータ

キャッシュに一時的に格納され、ディスクに書き込まれていないデータです。

帯域

電磁気的な放射帯の周波数の上限と下限の数値差です。データ転送容量の同義語であり、しばしばスループットと混同して使用されます。

タイミングスナップショット

データを継続的に保護するために、仮想スナップショットを定期的に作成します。

脱落防止ネジ

緩めても本体から外れて落ちることのない特殊ネジです。ネジを外さずに、簡単に部品に取り付けたり、取り外したりすることができます。

単一障害点

システム内の1つのコンポーネントまたはパスの障害により、システム全体が動作不能になることです。

チャレンジハンドシェイク認証プロトコル(CHAP)

チャレンジ/レスポンスという方式を利用したユーザー認証方法です。認証側はチャレンジと呼ばれるランダムな短いデータを送信します。被認証側はパスワードとチャレンジを組み合わせたデータを元に、ハッシュ関数に基づいて算出したハッシュ値を返します。認証側は自ら算出したハッシュ値と受信したハッシュ値を比較し、認証を判断します。

重複排除

重複排除は、ストレージ使用率を向上させるために、粗粒度の冗長データを排除する特殊なデータ圧縮です。重複排除プロセスでは、重複データが削除され、1つのデータコピーとそのデータを参照するための一意のリンクのみが残されます。このように、重複データが削除されたため、ストレージ容量の節約が実現できます。

定数プリフェッチ

キャッシュのプリフェッチポリシーです。このポリシーは、固定サイズのデータを一定の順序で読み取る必要のある運用に適用されます。例えば、同じビットレートを使用している複数のユーザーによるストリーミングメディアの再生リクエスト。

ディスクアレイ

通常1つ以上のアクセス可能なディスクサブシステムからなり、制御ソフトウェアを用いて結合されたディスク集合体です。これらのアレイのデザイン、容量、パフォーマンス、およびその他の機能はそれぞれ異なります。

ディスクエンクロージャ

拡張モジュール、ディスク、電源モジュール、およびファンモジュールから構成されています。複数のディスクエンクロージャをカスケード接続することで容量を拡張できます。

ディスクドメイン

各ディスクドメインは、同じタイプまたは異なるタイプのディスクで構成されます。ディスクドメインは互いに隔離されているため、異なるディスクドメインに展開されているサービスは、互いのパフォーマンスや障害に影響しません。

ディスクロケーション

ディスクのエンクロージャIDとスロットIDを判別し、ストレージシステムにおけるディスクの位置を特定するプロセスです。

ディスク使用率

合計容量における使用中容量の割合です。

停電保護

外部電源に障害が発生した場合、AC電源入力モジュールはバッテリーから給電されます。これにより、キャッシュ内のダーティデータの完全性が保証されます。

データスイッチ

データスイッチはコントローラ間の相互接続に使用されます。

データソース

ユーザーが使用するデータのソースです。データソースには、接続を構成するのに必要なデータを格納しています。

データフロー

ソースシステムから抽出されたデータを処理するプロセスです。具体的には、ターゲットシステムのデータ入力要件を満たすように、データに対してフィルタリング、統合、計算、要約、不整合の発見と解決、および無効データの削除などを行います。

データ圧縮

損失あり圧縮(元データの一部情報が失われる技術を用いた圧縮)はいくつかのアプリケーションにおけるある種のデータ(例えば、ディジタル画像)に利用可能です。しかし、ほとんどのITアプリケーションでは、損失なし圧縮(元データの全文を保持し、元データが正確に復元可能な技術を用いた圧縮)が必要です。

データ移行

データ移行とは、データがあるデータスペースから別のデータスペースに移行されることを指します。移行中、両方のデータ形式やサイズは変更されません。

同期リモートレプリケーション

リモートレプリケーションの一種です。プライマリサイトのデータが更新されると、更新が完了する前に、ミラーサイトでデータを同期更新する必要があります。このように、プライマリおよびミラーサイトの両方に格納されているデータを同期させることができます。

動作コントローラ

ストレージアレイ内のLUNまたはファイルシステムにデータを読み込み/書き込むコントローラです。

トポロジー

(1)コンピュータシステムもしくはネットワークとその相互接続の各構成部品の論理的な配置です。トポロジーは、通信可能であるという観点から、どの構成部品が直接他の構成部品に接続されているかを表します。構成部品や相互接続ケーブルの物理的な配置は扱いません。(2)PN_Portのセット(ファブリック、アービトレイテッドループ、またはこの2つの組合せ)にファイバチャネル通信を提供する通信インフラストラクチャです。

トランキング

複数の物理ポートを構成ソフトウェア上の論理パスに集約するプロセスです。複数のポートの帯域幅が結合されているため、スイッチとネットワークノード間の帯域幅が大きくなります。トランキングによって複数のポートと複数の回線を一体運用することで、伝送経路の広帯域化および冗長化による耐障害性の向上が可能となります。

   

な行

  

内部鍵管理サービス

内部鍵管理サービスは、デバイスに組み込まれており、デバイス内のサービスの鍵を管理します。

入出力(I/O)

I/Oは入力/出力の頭字語です。コンピュータシステムの主記憶とストレージデバイスやディスプレイ、プリンター、または他のコンピュータシステムに接続されたネットワークなどの外部デバイス、もしくはインターフェースの間のデータ移動プロセスです。I/Oは、読み込み(つまりコンピュータシステムのメモリへのデータ移動)、書き込み(つまりコンピュータシステムのメモリから他の場所へのデータ移動)を合わせて示す言葉です。

   

は行

  

ハードクォータ

クォータ設定で使用されるスペースを制限する値です。使用されているスペースがハードクォータを超えている場合、ファイル操作は続行できません。

ハードディスク

磁性体を塗布した円盤を高速回転し、磁気ヘッドを移動することで情報を読み込み/書き込みする記憶装置の一種です。ハードディスクは、フロッピーディスクと比べてより大きな容量と速い転送速度を提供することができます。

ハードディスクトレイ

ハードディスクを搭載しているトレイです。

ハートビート

ハートビートはデバイス間で転送される確認応答を必要としないプロトコルです。ハートビートを介して、デバイスはピアデバイスの有効状態を判断できます。ハートビートは、ノード通信、障害診断、およびイベントトリガーをサポートします。

バウンダリスキャン

集積回路(IC)の出力接続にシフトレジスタを使用するテスト方法論です。多くの場合、ICは互いに接続されています。データパターンがこのようなICチェーンを通過した際に、回路状態から受けた影響を反映するデータストリームに基づいて不具合を判断することができます。このシステムは、IEEE規格1149.1で定義されており、JTAG(JointTestActionGroup)としても知られています。

バックアップ

ソースデータが破損または紛失したときにデータを復元するために、あらかじめ別のストレージ領域にデータをコピーするプロセスです。

バックアップウィンドウ

データを使用するアプリケーションに影響を与えることなく、一連のデータをバックアップできる時間間隔です。

汎欧州デジタル移動電話方式

欧州電気通信標準化協会(ETSI)によって定義された第2世代モバイルネットワーキング規格です。グローバルな携帯電話ネットワーク標準として設計されており、主にモバイルスイッチングサブシステム(MSS)、基地局サブシステム(BSS)、および移動局(MS)の三部分から構成されています。

ビットエラー

送信デジタル信号と受信デジタル信号間のビットの不整合です。

ビットエラー率

伝送ビットが誤って受信される確率です。ビットエラー率(BER)は、レシーバの出力で誤りビットの数を数え、伝送された全ビット数で割ることで計測されます。BERは主に10の負の指数で表現されます。

ヒット率

キャッシュから直接アクセスされるI/OがすべてのI/Oに占める割合、すなわち必要なデータがキャッシュメモリーに存在する確率です。

非同期リモートレプリケーション

リモートレプリケーションの一種です。プライマリサイトのデータが更新された場合、ホストはミラーサイトのデータ同期終了を待つことなく、更新完了の結果を受信します。このように、データのミラーリングによるパフォーマンス低下が軽減されます。

ファームウェア

インテリジェントデバイスを起動、操作するための低レベルソフトウェアです。通常、ファームウェアはデバイスのリードオンリメモリ(ROM)内に存在しています。

ファイルエンジン

ファイルレベルのサービスを提供する統合ストレージシステム内のコンポーネントです。

ファイルシステムスナップショット

ファイルシステム用に作成された読み込み/書き込み可能なスナップショットです。主に、読み込み専用ファイルシステムのスナップショットから新しいファイルシステムを提供するために使用されます。

ファイルシステムの最小ロード

オフラインファイルシステムでユーザーデータを復元する方法です。

ファイル変更ログ

ファイルシステム内のファイルおよびディレクトリの変更を記録するために使用されるログです。

フィールド交換可能ユニット

工場または修理工場に返却することなく、現場で交換するように設計されたシステムのユニットまたはコンポーネントです。交換作業は、お客様自身または研修を受けたテクニカル担当者によって行われます。

フェイルオーバー

故障が起きたシステムコンポーネントに対して同等の機能を持ったシステムコンポーネントに自動的に切り換える仕組みです。フェイルオーバーは、同じストレージデバイスおよびホストコンピュータに接続されたコントローラ間によく使用されます。一方のコントローラに障害が発生した場合、フェイルオーバーが発生し、もう一方のコントローラがI/O負荷を引き継ぎます。

プライマリ/セカンダリ切り替え

プライマリ/セカンダリ関係の変換プロセスです。

プライマリストレージコントローラ

管理を制御する上で主導的役割を果たすコントローラです。コントローラエンクロージャに関連する管理操作を実行できます。

ブラウザ/サーバー

ブラウザとサーバーの役割を定義する仕組みです。ブラウザはサービスの送信側であり、サーバーはサービスの提供側です。

プリコピー

RAIDグループ内の障害のあるメンバーディスクが検知されると、システムはあらかじめデータをディスクからホットスペアディスクにコピーします。

プロトコルエンドポイント

VM I/Oを処理するプロキシです。VM I/OがPEに送信された後、PEはI/Oを仮想マシンにリダイレクトします。

フロントエンドホストポート

コントローラエンクロージャをホスト側に接続し、サービスデータを転送するポートです。次の3種類のフロントエンドホストポートがあります:SAS、FCおよびiSCSI。

ボーレート

通信回路上で1秒間に信号状態が変化する最大レートです。

保守端末

シリアルポートまたは管理ネットワークポートを介して接続されたコンピュータです。ストレージシステムのメンテナンスに使用されます。

ホットスワップ

システムの稼動状態を保ったまま、部品やケーブルなどを抜去、交換することです。ホットスワップは、主に人によって行われる物理的な作業です。

ボンディング

複数の独立した物理ネットワークポートを論理ポートに結合することで、サーバーネットワーク接続の可用性を高め、ネットワークパフォーマンスを向上させます。

   

や行

  

ユーザーインターフェース

ユーザーがマシンと対話するスペースです。

ユーザークォータ

ユーザーが使用できるスペースまたはファイル数に対する制限です。この値は、必要に応じて調整することができます。

ユーザーデータグラムプロトコル(UDP)

アプリケーションにコネクションレス型データグラム送信サービスを提供するインターネットプロトコルです。UDP over IPは単一ネットワークノード内の複数のエンドポイントにアドレスする機能をIPに付加します。

優先コントローラ

アプリケーションサーバーLUNの場合、LUNが対応するストレージアレイの所有コントローラは優先コントローラです。

読み取り専用のファイルシステムスナップショット

ファイルシステムスナップショットの一種です。このスナップショットは読み取り専用であり、主にデータのバックアップまたは復元に使用されます。

   

ら行

  

ライトスルー

不揮発性メディアにデータが安全に保存されるまで、書き込み要求の完了が通知されないキャッシュ技術です。ライトスルーモードにおける書き込みパフォーマンスは、キャッシュ機能を備えていないシステムとほぼ同じです。ただし、ライトスルーの場合、データはキャッシュに一度書き込まれるため、その後の読み込みパフォーマンスの向上に繋がります。

ライトバック

データがキャッシュ内に書き込まれた直後に、書き込み要求の完了が通知されるキャッシュ技術です。不揮発性メディアへの実際の書き込みは、その後に行われます。ライトバックには、1つのリスクが潜んでいます。すなわち、アプリケーションは書き込み完了信号に基づいてアクションを実行しますが、データが不揮発性メディアに書き込まれる前にシステム障害が発生すると、メディア上のデータと後続のアクションの間に不整合が生じる可能性があります。そのため、有効なライトバックを実装するには、システム障害(電源障害を含む)とシステム再起動時のフラッシュキャッシュの期間中にキャッシュ内容を保存するメカニズムが必要です。

リコンストラクション

ミラー化もしくはRAID化したアレイで、故障ディスクにあったユーザーデータおよびチェックデータをすべて再生させ、一つ以上の交換ディスクに書き込むことです。ほとんどのアレイでは、アプリケーションがアレイの仮想ディスク上のデータにアクセスしている間に、再構成を行うことができます。

リバース同期

プロダクションマシン(PM)のサービスが回復しているときに、冗長マシン(RM)からデータを復元するプロセスです。

リモートレプリケーション

災害復旧のためのコア技術であり、リモートデータ同期と災害復旧を実現する基盤です。この技術は、異なる場所で分離されたストレージデバイスのリモートデータ接続機能を介して、一連のミラーデータをリモートでメンテナンスします。災害が発生した場合でも、リモートストレージデバイス上のデータバックアップに影響を与えません。リモートレプリケーションは、同期リモートレプリケーションと非同期リモートレプリケーションに分類されます。

論理ユニット

I/Oコマンドを実行するSCSIターゲット内のアドレス指定可能なエンティティです。

論理ユニット番号

ターゲット内での論理ユニットのSCSI識別子です。業界内の短縮形である「LUN」と表現される場合、論理ユニット番号が示す論理ユニットを表します。

ルート

ネットワークトラフィックの送信元から宛先へのパスです。TCP/IPネットワーク上で、各IPパケットは独立してルーティングされるため、ルートを動的に変更できます。

ロードバランス

システム、アプリケーションコンポーネント、およびデータを調整し、I/Oまたはコンピューティング要求をシステムの物理リソースに平均的に分散する方法です。

ダウンロード
Updated: 2018-08-31

ドキュメント番号: EDOC1100030339

閲覧数:343

ダウンロード: 10

Average rating:
This Document Applies to these Products
関連ドキュメント
Share
戻る 次へ