選択した言語が見つかりません。

このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

S1720、S2700、S5700 および S6720 V200R011C10 アラームの対処方法

Rate and give feedback :
提供される翻訳について
この文書の日本語を含む他言語への翻訳は、元の文書の内容の理解を支援する目的で提供されています。翻訳には機械翻訳が利用され、人間による簡単な校正のみが行われています。 注: 最先端の機械翻訳を利用した場合でも、翻訳の品質はプロの翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。ファーウェイは、翻訳の正確性についていかなる責任も負わないものとします。リンクを使用して、英語版の元の文書も同時に参照することを推奨します。
本章について

本章について

対象読者

このドキュメントは、スイッチの管理と保守を担当するネットワークエンジニアを対象としています。基本的なイーサネットの知識に精通し、広範なネットワーク管理経験を持っている必要があります。さらに、ネットワークトポロジや展開されたネットワークサービスなど、ネットワークをよく理解しておく必要があります。

記号の表記規則

このドキュメントに記載されている記号は、次のように定義されています。

記号

説明

潜在的に危険な状況を示します。回避しなければ、機器の損傷、データ損失、パフォーマンスの低下、予期しない結果につながる可能性があります。

NOTICEは人身傷害に関係のないプラクティスに対処するために使用されます。

重要な情報、ベストプラクティス、およびヒントに注目してください。

NOTEは、人身傷害、機器の損傷、環境の悪化に関係のない情報に対処するために使用されます。

コマンドの表記規則

このドキュメントに記載されているコマンドの表記規則は、次のように定義されています。

表記規則

説明

Boldface

コマンドラインのキーワードはboldfaceです。

Italic

コマンド引数はitalicsです。

[ ]

括弧[]内の項目(キーワードまたは引数)はオプションです。

{ x | y | ... }

オプションの項目は、中かっこでグループ化され、縦棒で区切られます。1つの項目が選択されています。

[ x | y | ... ]

オプションの項目は、かっこでグループ化され、縦棒で区切られます。1つの項目が選択されているか、項目が選択されていません。

{ x | y | ... }*

オプションの項目は、中かっこでグループ化され、縦棒で区切られます。最低1項目またはすべての項目の最大値を選択できます。

{ x | y | ... ]*

オプションの項目は、かっこでグループ化され、縦棒で区切られます。複数の項目または項目を選択できません。

&<1-n>

&記号前のパラメーターは、1 ~ n回繰り返すことができます。

#

#記号で始まる行はコメントです。

インターフェースの番号付け規則

このマニュアルで使用されているインターフェース番号は例です。デバイス設定では、デバイス上の既存のインターフェース番号を使用します。

セキュリティ規則

  • パスワード設定
    • デバイスのセキュリティを確保するには、パスワードの設定時に暗号文を使用し、定期的にパスワードを変更します。
    • スイッチは、%^%#、%#%#、%@%@または@%@%で始まり、終わるすべてのパスワードを暗号文として扱い、復号化を試みます。%^%#、%#%#、%@%@または@%@%で始まり、終わるプレーンテキストのパスワードを設定すると、スイッチはそれを復号して設定ファイルに記録します(プレーンテキストパスワードはセキュリティのために記録されません)。したがって、%^%#、%#%#、%@%@または@%@%で始まり、終わるパスワードを設定しないでください。
    • 暗号文でパスワードを設定するとき、異なる機能が異なる暗号文パスワードを使用する必要があります。たとえば、AAA機能に設定されている暗号文パスワードを他の機能に使用することはできません。
  • 暗号化アルゴリズム

    スイッチは現在、3DES、AES、RSA、SHA1、SHA2、およびMD5をサポートしています。3DES、RSA、AESは可逆的ですが、SHA1、SHA2、MD5は不可逆です。暗号化アルゴリズムDES、3DES、RSA(RSA-1024以下)、MD5(デジタル署名シナリオとパスワード暗号化)、またはSHA1(デジタル署名シナリオ)を使用することは、セキュリティ上のリスクです。プロトコルが許可されている場合は、AES、RSA(RSA-2048以上)、SHA2、HMAC-SHA2など、より安全な暗号化アルゴリズムを使用します。

    管理者パスワードには、不可逆的な暗号化アルゴリズムを使用する必要があります。この目的のためにSHA2が推奨されます。

  • パーソナルデータ

    一部の個人データ(端末のMACやIPアドレスなど)は、購入した製品、サービス、機能の運用または障害発生時に取得または使用できます。したがって、個人データを保護するために、プライバシーポリシーを作成し、国の適用法に従って措置を講じる義務があります。

  • ミラーリング

    このドキュメントのミラーポート、ポートミラーリング、トラフィックミラーリング、ミラーリングの用語は、製品の通信エラーまたは障害検出の機能を記述するためだけに記載されており、ユーザーの個人情報や通信データの収集や処理は含まれません。

免責事項

このドキュメントは、デバイスを設定するためのリファレンスとして設計されています。Webページ、コマンドライン入出力などの内容は、実験室の条件に基づいています。一般的なシナリオの手順を提供しますが、すべての製品モデルのユースケースを網羅しているわけではありません。指定された例は、ソフトウェアのバージョン、モデル、および設定ファイルの違いにより、使用例とは異なる場合があります。デバイスを設定する場合は、使用状況に応じて設定を変更してください。

このドキュメントに記載されている仕様は、ラボ環境でテストされています(たとえば、テストされたデバイスに特定のタイプのボードがインストールされているか、またはデバイス上で1つのプロトコルしか実行されていません)。デバイスで複数の機能を有効にして最大値を取得しようとするとき、結果はリストされた仕様と異なる場合があります。

ダウンロード
Updated: 2018-08-15

ドキュメント番号: EDOC1100034827

閲覧数:826

ダウンロード: 2

Average rating:
This Document Applies to these Products
関連ドキュメント
Share
戻る 次へ