選択した言語が見つかりません。

このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

FusionServer ProラックサーバーiBMC (V260 ~ V278)ユーザーガイド 09

Rate and give feedback:
この文書の日本語を含む他言語への翻訳は、元の文書の内容の理解を支援する目的で提供されています。翻訳には機械翻訳が利用され、人間による簡単な校正のみが行われています。 注: 最先端の機械翻訳を利用した場合でも、翻訳の品質はプロの翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。ファーウェイは、翻訳の正確性についていかなる責任も負わないものとします。リンクを使用して、英語版の元の文書も同時に参照することを推奨します。
メモリーライザーのホットスワップ(RH8100 V3サーバー専用)

メモリーライザーのホットスワップ(RH8100 V3サーバー専用)

機能概要

メモリーライザーのホットスワップでは、DIMMをホットスワップし、ホットスワップ処理を監視できます。

注記:

Broadwellプロセッサを使用しているRH8100 V3サーバでは、メモリーライザーのホットスワップ画面は使用できません。

画面の説明

上辺にあるタイトルバーから[診断]を選択し、左側にあるナビゲーションツリーから[メモリーライザーのホットスワップ]を選択すると、メモリーライザーのホットスワップ画面が表示されます。

作業手順

  1. iBMCの上辺にあるタイトルバーから[診断]を選択します。
  2. 左側にあるナビゲーションツリーから[メモリーライザーのホットスワップ]を選択します。

    右側にメモリーライザーのホットスワップ画面が表示されます。

  3. 緑色またはオレンジ色のインジケーターを持つメモリライザーをクリックします。
  4. [移行]をクリックします。

    システムが移行プロセスを開始し、進捗バーに移行の進行状況が表示されます。

ダウンロード
Updated: 2019-08-05

ドキュメント番号: EDOC1100011062

閲覧数:11281

ダウンロード: 39

Average rating:
This Document Applies to these Products
関連ドキュメント
Related Version
Share
戻る 次へ