選択した言語が見つかりません。

このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

FusionServer ProラックサーバーiBMC (V260 ~ V278)ユーザーガイド 09

Rate and give feedback:
この文書の日本語を含む他言語への翻訳は、元の文書の内容の理解を支援する目的で提供されています。翻訳には機械翻訳が利用され、人間による簡単な校正のみが行われています。 注: 最先端の機械翻訳を利用した場合でも、翻訳の品質はプロの翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。ファーウェイは、翻訳の正確性についていかなる責任も負わないものとします。リンクを使用して、英語版の元の文書も同時に参照することを推奨します。
CRLファイルのインポート(crl)

CRLファイルのインポート(crl)

機能

crlコマンドを使用して、アップグレードパッゲージの整合性検証に使用される証明書失効リスト(CRL)のファイルをインポートします。

形式

ipmcset -d crl -v <localpath/URL> <type>

パラメータ

パラメータ

ディスクリプション

localpath

インポートするCRLファイルの保存パス

注記:

ファイルは*.crlの形式であり、100KB未満である必要があります。

iBMCにあるCRLファイルの絶対パス。例:/tmp/cms.crl

URL

リモートCRLファイルをインポートするURL

フォーマット:

protocol://username:password@IP:[port]/directory/filename

ここで、

  • protocol:[https]、[sftp]、[cifs]、[scp]や[nfs]のいずれかの1つでなければなりません。
注記:

iBMCはServer Message Block (SMB)1.0のみをサポートしています。

  • username:ターゲットサーバーにログインするユーザー名。
  • password:ターゲットサーバーにログインするパスワード。
  • IP:[port]:ターゲットサーバーのIPアドレスとポート番号。
  • directory/filename:ターゲットサーバ上の設定ファイルの絶対パス。

例:https://root:Huawei12#$@10.10.10.1:443/tmp/cms.crl

type

CRLファイルタイプ

1に固定します。

使用ガイドライン

このコマンドをサポートするのは、V5製品のみです。

このコマンドを実行する前に、WinSCPなどのSFTP対応のファイル転送ツールを使用して、インポートしようとするファイルをiBMCファイルシステムにある特定ディレクトリ(例えば、/tmp)に転送してください。

# CRLファイルをインポートします。

iBMC:/-> ipmcset -d crl -v /tmp/cms.crl 1
Import CRL file successfully.
ダウンロード
Updated: 2019-08-05

ドキュメント番号: EDOC1100011062

閲覧数:10531

ダウンロード: 39

Average rating:
This Document Applies to these Products
関連ドキュメント
Related Version
Share
戻る 次へ