選択した言語が見つかりません。

このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

FusionServer ProラックサーバーiBMC (V260 ~ V278)ユーザーガイド 09

Rate and give feedback:
この文書の日本語を含む他言語への翻訳は、元の文書の内容の理解を支援する目的で提供されています。翻訳には機械翻訳が利用され、人間による簡単な校正のみが行われています。 注: 最先端の機械翻訳を利用した場合でも、翻訳の品質はプロの翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。ファーウェイは、翻訳の正確性についていかなる責任も負わないものとします。リンクを使用して、英語版の元の文書も同時に参照することを推奨します。
ヘルプ情報の照会(help)

ヘルプ情報の照会(help)

機能

helpコマンドを使用してヘルプ情報やあるコマンドの具体的な使用方法を照会できます。

形式

help

[command] --help

パラメータ

パラメータ

ディスクリプション

command

照会するコマンド

-

使用ガイドライン

なし

# 現在のパスでサポートされているコマンドを表示します。

iBMC:/->help
Commands:                                                                                                                            
help      :       Used to get context sensitive help.                                                                                
exit      :       Used to terminate the CLP session.                                                                                 
ipmcget :       Used to get BMC runtime status.                                                                                    
ipmcset :       Used to set BMC runtime status or send control command.                                                            
notimeout :       Used to set no timeout limit to login shell.                                                                       
maint_debug_cli : Used to maintance in debug mode.                                                                                   
ping      :       Used to test IPv4 network status.                                                                                  
ping6     :       Used to test IPv6 network status.                                                                                  
ifconfig  :       Used to check network device information.                                                                          
ps        :       Used to check processes status.                                                                                    
free      :       Used to check memory status.                                                                                       
top       :       Used to check system resource used information. None parameter is allowed                                          
df        :       Used to check disk used information.                                                                               
route     :       Used to check route information. None parameter is allowed                                                         
netstat :       Used to check network port status.  
注記:

maint_debug_cliコマンドは主に現場で障害箇所を特定するために使用されます。なお、管理者及びオペレーターのみがこのコマンドを使用できます。詳細な使用方法はファーウェイサーバー iBMC アドバンスコマンドリファレンスを参照してください。

# pingコマンドの具体的な使用方法を表示します。

iBMC:/->ping --help
BusyBox v1.18.4 (2014-08-09 16:28:25 CST) multi-call binary. 

Usage: ping [OPTIONS] HOST 

Send ICMP ECHO_REQUEST packets to network hosts 

Options: 
 -4,-6       Force IP or IPv6 name resolution 
 -c CNT      Send only CNT pings 
 -s SIZE     Send SIZE data bytes in packets (default:56) 
 -I IFACE/IP Use interface or IP address as source 
 -W SEC      Seconds to wait for the first response (default:10) 
            (after all -c CNT packets are sent) 
 -w SEC      Seconds until ping exits (default:infinite) 
            (can exit earlier with -c CNT) 
 -q      Quiet, only displays output at start 
            and when finished      
ダウンロード
Updated: 2019-08-05

ドキュメント番号: EDOC1100011062

閲覧数:10632

ダウンロード: 39

Average rating:
This Document Applies to these Products
関連ドキュメント
Related Version
Share
戻る 次へ