選択した言語が見つかりません。

このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

FusionServer ProラックサーバーiBMC (V260 ~ V278)ユーザーガイド 09

Rate and give feedback:
この文書の日本語を含む他言語への翻訳は、元の文書の内容の理解を支援する目的で提供されています。翻訳には機械翻訳が利用され、人間による簡単な校正のみが行われています。 注: 最先端の機械翻訳を利用した場合でも、翻訳の品質はプロの翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。ファーウェイは、翻訳の正確性についていかなる責任も負わないものとします。リンクを使用して、英語版の元の文書も同時に参照することを推奨します。
概要

概要

機能概要

概要画面には、サーバー、仮想ボタン、およびよく使う操作ショートカットに関する基本的な情報が表示されます。

画面の説明

メインメニューから[情報]を選択し、左側にあるナビゲーションツリーから[概要]を選択すると、概要画面が表示されます。

概要画面の各領域については、図 3-3図 3-4及び図 3-5を参照してください。

各領域に表示する情報を表 3-2に示します。

注記:

概要画面の内容は、RH8100 V3と8100 V5サーバーの稼動モードによって異なります。デュアルシステムモードのRH8100 V3または8100 V5サーバーの概要画面には、VGA/USB/DVDパラメーターとノードジャンプのショートカット機能がサポートされています。

図 3-3  シングルシステムモードの8100 V5サーバーにおける概要画面
図 3-4  デュアルシステムモードの8100 V5サーバーにおける概要画面
図 3-5  ほかのサーバーの概要画面(製品モデルを実際の画面で表示)

パラメーターの説明

表 3-2  概要

NO.

領域

表示された情報

1

基本情報

サーバーに関する下記の基本的な情報を提供します。

  • 製品名:サーバーのモデル。
  • 製品シリアル番号:サーバーのシリアル番号。
  • IPアドレス:iBMCにログインするIPアドレス。
  • iBMCファームウェアバージョン:iBMCシステムのファームウェアバージョン。
  • BIOSファームウェアバージョン:BIOSのファームウェアバージョン。
  • GUID:グローバル一意識別子。
  • 最大Webセッション数:iBMC WebUIに同時にアクセスできる最大ユーザー数。
  • オンラインユーザー:オンラインユーザーの数。例えば、[4(Web: 1; CLI: 2; Redfish: 1)]は、Webインターフェイスを介してログインしたユーザーが1つ、コマンドラインインターフェイスを介してログインしたユーザーが2つ、Redfishを介してログインしたユーザーが1つ、オンラインユーザーの数が4つであることを示します。
  • 電源状態:緑色は、サーバーOSが起動していることを示します。灰色は、サーバーOSがシャットダウンされていることを示します。
  • 正常性インジケータ状態:サーバーのヘルスステータスを表示します。インジケーター状態からサーバーのヘルスステータスを確認できます。
  • UIDインジケータ状態:シャーシ内にサーバーの位置を特定できます。インジケーター状態からサーバーのヘルスステータスを確認できます。
  • クリティカルアラーム:クリティカルアラームの総数。(Criticalアラームが発生すると、サーバーの電源がオフになり、システムサービスも中断される可能性があります。すぐに是正措置を講じる必要があります。)
  • メジャーアラーム:メジャーアラームの総数。(Majorアラームはシステムに重大な影響を与えます。システムの正常的な動作に影響を与え、またはサービスの中断が引き起こされる可能性があります。)
  • マイナーアラーム:マイナーアラームの総数。(Minorアラームはシステムに軽微な影響を与えます。より深刻なラームを防止するために、早めに対処する必要があります。)

2

仮想ボタン

以下は、よく使う仮想ボタンです。

  • 電源管理:電源ON、電源OFF、強制電源停止のボタンが含まれています。
  • UIDインジケータ:常時オン、フリッカー(255秒)、無効のボタンが含まれています。
  • VGA/USB/DVD(RH8100 V3と8100 V5サーバーでのみ使用可能):デュアルシステムモードである場合にのみ表示されます。に設定すると、サーバー上のVGAポート、USBポート、DVD-ROMドライブは現在のノードに接続され、他のノードから切断されます。

3

ショートカット

よく使う操作のショートカットを提供します。

  • ローカルユーザー
  • ネットワーク
  • 電源管理
  • 更新
  • ワンクリック情報収集:収集された情報については、ワンキー操作による情報収集の概要を参照してください。
  • 初期設定の復元:

    下記の復元された設定(限定されない)が含まれます。

    • 現在のシリアルポートの相互接続状態
    • 電力上限設定
    • ユーザーがアップロードしたLDAPとSSL証明書の削除
    • ユーザー名、パスワード、有効期間、グループ情報、ログインロック情報
    • IP取得モード、IPアドレス、マスク、デフォルトゲートウェイ
    • SNMP設定
    • アラーム通知のSNMP TRAP設定、SMTP設定
  • 遠隔操作
  • FusionParを設定(RH8100 V3と8100 V5サーバーでのみ使用可能):
  • ノードリダイレクト(RH8100 V3と8100 V5サーバーでのみ使用可能)

4

電力効率

サーバーの省エネルギー情報を表示します。

  • 省エネ:サーバーの省エネルギー率を表示します。
  • 省電力:サーバーが節約できる電力を表示します。
  • CO2排出削減量:サーバーによって削減された炭素排出量を表示します。
注記:
  • 省エネルギー集計の計算方法:
  • 省エネルギー率は総合的な指標(デフォルト値は5%である)です。
  • 省エネルギー量=実際のエネルギー消費*(1/(1- 省エネルギー率) -1)
  • 1kWhあたり=0.997キロの二酸化炭素削減量
  • 省エネルギー率はサーバーの省エネルギーメニューの使用情報によって算出可能です。省エネルギー化のメニューと省エネルギーの効率値は1対1で、メニューによってウエートは違います。

[電力] > [パワーキャッピング]画面にある[統計リセット]ボタンをクリックすると、省エネルギー集計情報を再集計します。

ダウンロード
Updated: 2019-08-05

ドキュメント番号: EDOC1100011062

閲覧数:11776

ダウンロード: 39

Average rating:
This Document Applies to these Products
関連ドキュメント
Related Version
Share
戻る 次へ